ヘルスコーチのたまご

ヘルスケア分野で仕事をしてきて、予防医学や健康管理の大切さをより感じるように。まずはInstitute for Integrative Nutrition (IIN) のHealth Coach Certificate Training Programにて勉強中。食や健康についてのブログ。

グリーンスムージー(青汁)の原料比較

粉末で比較的簡単に手に入る青汁について。

 

その原料には、大きく以下の3種が使われていることが多いです。

 

大麦若葉

ケール

明日葉

 

1.味

大麦若葉と明日葉は比較的飲みやすく、ケールは独特の苦味のため飲みにくいという印象です。青汁を飲む目的は必要な栄養素の補給ですので、毎日続けるために味は大事だと思います。お値段も大事かもしれません。

 

2.栄養素の特徴

大麦若葉は鉄分が1番豊富。ケールはビタミンCそしてカルシウムが1番豊富。明日葉はビタミンB, EとKが1番豊富…など、結構個性豊かです。

ただ、育てられる環境(土壌や季節)によってミネラルやビタミン含有量はかなり影響を受けると思われますので、あくまでも目安と言えると思います。

 

私がオススメしたいのは、何種類かをローテーションさせる飲み方。結局、1種類で様々な栄養素をカバーするのは難しいことを考えてのこと。実際に私は、味の問題のない大麦若葉ベースのものと、明日葉ベースのものを、その日の気分で使用しています。2つを混ぜてもよいですね。

 

それ以外では、

 

高い抗酸化作用を重要視し、かつ苦味も問題ない方はケールベースの青汁を。

 

日本人女性は鉄分が不足がちですので、大麦若葉は是非レパートリーに入れて欲しい青汁です。

 

ビタミンKが豊富な明日葉は、骨の形成を助けてくれる特性がありますし、食物繊維も豊富。ただ、ワーファリンを飲んである方は相互作用がありますので医師に相談すると良いでしょう。

 

f:id:nutritionaler:20170708230217j:image