ヘルスコーチのたまご

ヘルスケア分野で仕事をしてきて、予防医学や健康管理の大切さをより感じるように。まずはInstitute for Integrative Nutrition (IIN) のHealth Coach Certificate Training Programにて勉強中。食や健康についてのブログ。

私のO脚矯正ヒストリー

 

私は小学生時代からO脚です。これを治したくて、色んなことをしてきました。

 

1. 痩身エステのO脚矯正コース

1年ほど前に2ヶ月ほどかけて実施しました。弱い電極を流しながらぐるぐるに巻かれた布のようなもので、両側から脚を圧迫するというもの。お金がかかったけれど、特に効果は現れませんでした。セットで実施していた脂肪を落とすキャビテーションには成功して足が細くなり、浮腫も減っていたために余計足と足の間が広くなってO脚が酷く見えたくらいでした。

 

2. O脚矯正の書籍に沿って地道に実行する

f:id:nutritionaler:20170710085416j:image

これを始めたのは、エステではどうにもならないと気付いた頃です。まずO脚になる原理を学び、それを矯正するために必要なことを理解しました。

 

そして、毎日は出来なくても、気付いた時に必要なこと(主にストレッチ)をやるようになって、膝の間の間隔が3cm→2cm→1cmと狭まっています。あともう少しで膝が付きそうなので、引き続き頑張りたいと思います。

 

もともと身体が硬いのですが、朝からストレッチをしたり筋トレするようになって、気持ちよく1日を始めるきっかけにもなっています。