being mindful

瞑想好きYogini。ホリスティックヘルスコーチの視点から、身体の中から元気になる食事を研究するブログ

果実の表面の白い粉の正体

f:id:nutritionaler:20170819102231j:image

 

プルーンと、絹瓜のぬか漬けをお皿に置いたら、ペンギンみたいになりました。宇宙人👽みたいかも…

 

午前だけナチュラルハイジーン、続けています💕

 

プルーンの表面の白いものは、ブルーム/bloomと言われるもの。植物学的にはクチクラという膜で、脂肪酸とロウで出来ているのですが、果物が自分で出していますので、農薬ではありません。きゅうりも本来出るようなのですが、見た目が悪いので改良されたものが主流なんだとか…

 

雨上がりに葉っぱの上を水滴が滑り落ちる光景、よく見ますよね。あんな風に葉っぱの表面が水を弾くのも、クチクラ層があるため。これで自らの水分が蒸発しないように守られています。

 

というわけで、クチクラ層は水で洗っても取れません(笑)水を弾きます。もちろんクチクラ層ごと食べて問題ありません。皮のポリフェノールと一緒に食べましょう💕