ヘルスコーチのたまご

Institute for Integrative Nutrition (IIN) のHealth Coach Certificate Training Programにて勉強中。食べ物、ヨガ、起業準備について。

鰹の腹皮を焼いて💕

f:id:nutritionaler:20170917233952j:image

 

脂が程よくのって、歯ごたえがあって美味しい、カツオのハラガワ。

 

先日お土産で頂いた鰹の腹皮の加工品が美味しかったので、鹿児島の鰹加工業者の通販で、冷凍の鰹の腹皮を買ってしまいました💕

 

腹皮とは、お腹周りのお肉のことで、現地の方は相当食べている模様。

 

調べてみると、鹿児島でさかんな鰹節の製造過程で、鰹節にはならない部分として出回っているようです。

 

f:id:nutritionaler:20170917232339j:image

購入したのはこちら。8切れほど入って300円を切るお手頃感。

 

唐揚げ用に、みりんなどで味付けされた後に片栗粉がまぶしてある商品で、そのまま揚げて頂くのがノーマルな食べ方。

 

一方、私はこれをあえて焼き物として頂くのがお気に入り。冷蔵庫で解凍し、水洗いして片栗粉を洗い流します。その後、おろし生姜をまとわせて焼くのがお気に入り。

 

まな板も包丁も使わないので、キッチンが魚臭くなるのを極力避けられます💕このように一口サイズに切ってあるものは助かりますね。洗い流す片栗粉が臭みを取る役目も果たしています。

 

うちの冷凍庫では、大量のグラスフェッドバターの隙間に、これが冷凍されてます💕

 

お酒を飲みながら、オメガ3脂肪酸が補給できます〜!