being mindful

食べ物、ピラティス、ヨガ、お花、瞑想…みんなの心に栄養を。

Practice, practice, practice!でも自分に正直に。

ヨガインストラクターの研修が本格的に始まりました。やることと伝えることはこんなにも違うのかと日々新しいことを学び、"おぉ!"と感動して、さらにヨガが好きになる感覚。これが続く限り、少しづつ前に進もう、そんな風に思っています。

 

レッスンを提供できるレベルにもっていく最初の準備として、ポーズの順番とインストラクションはほぼ頭に入りました。何も見ずに簡潔な指示を出しながらポーズを見せるために、身体にまず動きを染み込ませてから、言葉はあとでついてくるような状態にもっていく、そんな脳の使い方は生まれて初めてで新鮮。

 

課題としては、

  1. 正しいポーズをとって見せること。これは自分の癖を認識して修正することと、そのために必要な身体の使い方を体現すること。
  2. 目の前に生徒さんがいると想定し、その反応を見ながら臨機応変に対処できるようなオプションを広く想定し、それに対処できるような落ち着いた心を持つこと。そのためには、当日緊張で全てが飛んでしまうことのないよう、イメトレした上で何度も練習し不安をなくしておくこと。(ま、こちらはどーんと構える心さえあればイケるかな?)
  3. 時間管理。きっちり60分で終われるか。

 

仕事のない週末は、1人で目の前に生徒さんがいることを想定して、何度も繰り返し練習。

 

全てのポーズをやるわけではありませんが、自分もある程度動くので、結構な運動になります😅

 

この日は朝から練習して、シャバーサナ(安らぎのポーズ)をしているうちに昼寝を挟んで、また練習。

 

こんな感じで1つ1つクリアするのを楽しみながら取り組んでいますが、ここで自戒も込めて書いておきたいこと。それは、自分の中で大切にしたいのは、"私はこれを本当にやりたいの?"という問いかけを常にしておくこと。答えがNoになるのなら、やりたいやり方でやること。全くやりたくないなら、止めること。

 

私の個人的なゴールは、素晴らしいヨガインストラクターになる事ではないのです。好きなことを楽しむ人生を送ることだもの。

 

ヨガが好きだから、やっている。今のところその延長上にいるかな💗

f:id:nutritionaler:20180326021532j:image

フラリと立ち寄ったシアトルコーヒーでのひとときに、そんなことを確認していました。

 

シアトルコーヒーって、デカフェないのね〜。😥しらなかったー!