being mindful

食後高血糖が発覚してから、低糖質生活となり早2年。食べ物や身体について楽しく実験しながら学ぶ日々を綴ります。話題は、食材、栄養、料理、ロカボ、ヨガ、ヘルスコーチ、マインドフルネス、ヘルスケア、etc.

白ソーセージと白インゲンの白ワイン煮込み

f:id:nutritionaler:20181007215652j:image

またまたお豆の研究レシピ。白ばっかりでダジャレのようになってしまった😘

 

白ソーセージは、ハーブがたっぷり練り込まれたものを使いました。脂が少ないのであっさり。玉ねぎの甘さがいい仕事してます💖

 

お酒のおつまみにも。これは特にワインに合いますね。

 

そして朝ごはんにも。ちょうどよかった💖

f:id:nutritionaler:20181008194928j:image

 

さて、作り方メモ。

f:id:nutritionaler:20181007182010j:image

 

今回は、グレートノーザンというお豆を利用。種類としては白インゲン、日本では手亡という種類に近いみたい。

f:id:nutritionaler:20181007183836j:image

↑お湯に2時間ほどつけたものを使いました。真っ白だった皮が少しクリーム色に。

 

玉ねぎ1/4を刻んで、白ソーセージを小さめに切ったものを、圧力鍋の中で少量の油で炒め、玉ねぎが透き通ったら、水を切った豆を入れ、白ワインを入れ、蓋をしたら加圧2分。

 

圧が抜けるまで待てば、優しいダシを吸ったお豆の煮物が出来上がり。

 

固めが好きなら、加圧後鍋脇に水をかけてすぐに圧を抜けばOK!ということを学んでますが、白インゲン豆は加熱が甘いと毒性のある一部のレシチンの解毒が不十分になるので、自然に圧が抜けるまで放置。

 

多めに作ってタッパーに入れ冷蔵庫に忍ばせておけば、オードブルにもなります。

 

食べる前に塩胡椒で味付けをしても良いし、サラダ風ならレモンやビネガーを絞ったり、マヨネーズやゆで卵と和えてもよし!

 

生ハムにもあう💖

 

お豆のアレンジ方法、少しは広がってきたかしら〜

 

トマトベース、白ワインベース、スパイスベース、和風お出汁ベース、何でもいける豆。食物繊維も豊富だから、腸内細菌のエサもたっぷりで、身体を休めたい休日にぴったり。