being mindful

食いしん坊で瞑想、ヨガ、ピラティス 好き。みんなの心に栄養を。

自作の具沢山ダークチョコレート

f:id:nutritionaler:20191103021318j:image

シリコンのドーナツ型で、ゴロゴロナッツ入りのビターチョコを作りました❤️

 

おうちにあった残り食材を使って、初めてのチョコレート作りに挑戦…

f:id:nutritionaler:20191103012550j:image

これが冷やす前の状態。

 

スーパーフードのクコの実とカリカリのローストアーモンドを沢山入れました。ちょっと入れすぎに見えますが、後で思えば固まりさえすればもっと入れても良かったくらい。

 

f:id:nutritionaler:20191103012918j:image

これが消費したかった、カカオマスカカオマスとは、ほぼ100パーセントカカオチョコです。

 

かなり苦いのでこのままだと食べにくいですが、アーモンドミルクなどとスムージーに入れて飲むとカリカリと美味しいし、そのポリフェノールに惹かれて買いました。

 

でも消費には限界が…1キロはなかなかの量ですね( ´∀`)

 

夜中に思い立って作り始めまして…

f:id:nutritionaler:20191103012859j:image

こんな感じでまずは、シリコン型の中にコイン状のカカオマスを入れ、様子を見ながらレンジで1分あたためを3回ほど繰り返します。レンジは場所によって火の通りが違うので並び替えたりして均一に溶かします。

 

チョコが溶けたら、オリゴ糖をひと回しずつ入れて、スプーンの柄でかるーく混ぜる。これで甘みをプラスするとともに、腸内細菌を元気にしてあげる作戦。

 

具(というのかな?)は、家にあったクコの実をドライフルーツ扱いで甘み追加のために加えて、好物のローストアーモンドも追加。具がチョコに浸るように軽く押しつけたら、冷凍庫に入れて冷え固まるのを待つだけで出来上がり。

 

f:id:nutritionaler:20191103095110j:image

ひとまわり作ってチョコを外しラップに包んで冷蔵庫にうつしたら、2ラウンド目!

 

次は、ローストココナッツとブラジルナッツも足して、さらには具をできる限り詰め込むという改善をしてみました。チョコに浸るギリギリまで具を詰め、よりザクザクした食感に。

 

シリコン型を使えば、洗い物も少なめで楽チンでいい。

 

残り物クッキングは制約があるからこそ、創作できる点が楽しむコツかも。抗酸化物質たっぷりの手作りチョコ、ちびちび食べていこうと思います🍫