being mindful

食べ物、ピラティス、ヨガ、お花、瞑想…みんなの心に栄養を。

クンダリーニヨガで高い集中を経験した話

今日はお友達のインストラクターのお誘いで、普段通っているスタジオとはちがうところで、初めてクンダリーニヨガのレッスンを受けた。

 

実は、年末年始に予約しているリトリートのヨガは、このクンダリーニヨガ。なんとなく選んだけれど、それがどんなものかを知るというよりも、嬉しい衝撃的な経験となりました。

 

普段はやらないような、リズミカルに繰り返す呼吸に合わせて反復的に動く。すると、身体的に辛い動きも、繰り返しているうちに半分瞑想状態になって、まるで”誰かから借りている身体の辛さを、他の人の目で観察している”ように感じてくる…

 

心地よく動いた後は、座位の瞑想へ。

 

普段、私は身体の感覚をトレースして集中を高めていく段階が必要だけど、それはもう済んでいて、私の思考の空へとすぐに放たれてしまった。

 

さっき動かした股関節がプルプルしていたけれど、それは途中で感じなくなった。

 

何分くらいだろう?

瞑想から醒めたとき、両足が痺れていることに気づく。足が痺れてても難なく集中できちゃうなんて。

 

またひとつ、新しい経験をした。

 

その帰り道、とてもハッピーになってました。スキップしたいくらいに笑。

 

幸せは常にイマココ、心の中にあり。

 

来月のクンダリーニヨガのリトリートが楽しみだ〜