being mindful

食べ物、ピラティス、ヨガ、お花、瞑想…みんなの心に栄養を。

慈悲の瞑想

慈悲の瞑想は、簡単に言うと、自分も含めた周りの人達や、人間だけでないすべての生き物が、幸せでありますようにって念じる瞑想です。

 

私はこれまで、いわゆるマインドフルネスの原型であるヴィッパサナー瞑想をやってきたのだけれど、この慈悲の瞑想も組み合わせたら、自分の幸せを感じる心がより育つ感覚をおぼえてます。

 

例えば…具体的には、

 

ヴィッパサナーで、自分の頭の中が、昨日言われた上司からの言葉に囚われていることが観察できた時…ヴィッパサナーではその状態を客観的に観察し、頭がそんな状態であることをうけとめる。

 

そして慈悲の瞑想で、その上司も私も、みんなが幸せでありますようにって念じる。

 

そうすると、きっと上司もストレスで大変なんだ、あんなことを言ってしまうときもあるよね、わかるわかる、でもそんな上司のストレスも軽減されて幸せになりますようにって、そう思える。