being mindful

食、FIRE、いけばな、ヨガ、自転車

哲学、現実や絶望に向き合う知恵。

f:id:nutritionaler:20190430152540j:image

平成最後の日。

 

ベローチェコーヒーゼリーを食べながら、読書。このコーヒーゼリー、初めて食べましたが食べ応えあり❤️

 

そしてこの本が面白すぎました。

f:id:nutritionaler:20190430152225j:image

 

これまで、趣味として始まったマインドフルネスから瞑想に辿り着き仏教を元とする瞑想法にたどり着いたこと、またそれとは別に仕事などで色んな宗教(哲学的思考)をベースとした考え方の人と出会ったりして、哲学って面白いと思っていたのだけど、さまざまな哲学本に手を出してはなんとなく面白さに欠ける本が多かった。そんな私にぴったりの本でした。

 

瞑想やらマインドフルネスに哲学のどこが似てるかというと、自分への執着を捨て去ることの必要性を説いている学問だからかな。世の中の現実や絶望と向き合い、それに向かい合う生き方にヒントをくれる、そんな点が共通項かと。

 

人生を味わい尽くすヒントをくれる本でした。

 

山口周さんの本は、思考が整理された上で書かれていて、いつも感心する。何より最後まで楽しんで読めちゃうの。

f:id:nutritionaler:20190430225157j:image

夜はこんな感じで読書を楽しみましたよ。

 

これまでの自分の経験とも重なり合って、味わい深い読書時間を楽しみました。

 

平成は平和にすぎて行く…