being mindful

食べ物、自転車、いけばな、ヨガ、瞑想、みんなの心に栄養を。

ビリヤニな週末

今週末はなぜかビリヤニに取り憑かれてる😆

 

もともとスパイスと豆や野菜を沢山使い、北インドに比較して油もあまり使わない、南インド料理が好き。南インドはサラサラなカレーやスープ、ライスが主。ナンなんてないのよね。

 

その中でもビリヤニには特別な想いが。

 

昔、インドに行った初日にビリヤニを買ったら、壺ごと渡されて、「食べ終わったら地面に落として割っといて。」と。

 

耳を疑いましたよ笑。

インドはスケールが違うと思った瞬間だ🇮🇳

 

でもその後インドにしばらくいて分かったのは、チャイの茶器なんかも飲み終わるとみんな、その場で地面に落として割るのだよね。ちなみにチャイはおっさんしか飲んでなかったな〜。

 

そんな初ビリヤニとの出会いを思い出しつつ、また最近ビリヤニ愛がむくむくと…

 

ビリヤニはインドでも専門のシェフがいるほど調理が難しいメニュー。だからこそプロの美味しいビリヤニをたまに食べたくなる!

 

土曜日は、八重洲のエリックサウスでチキンビリヤニをテイクアウト。チキンカレー付きで1100。オプションのチキンティッカもつけて+200円。

f:id:nutritionaler:20210529233842j:image

ビリヤニは、ライタと呼ばれるヨーグルトソースと合わせながら食べる。チキンカレーも一緒に食べると尚更美味しい。

f:id:nutritionaler:20210530194225j:image

ライタが濃厚〜

 

バスマティライスの中に、ほろっほろの手羽元が2本埋まってて食べ応えありましま

 

そして日曜日。

 

昨日のビリヤニが美味しすぎて、翌日もビリヤニを食べたい私。😆他店のビリヤニを試すことに。

 

店名にビリヤニとついた、都内に数軒系列店をもつ有名なビリヤニのお店でテイクアウトしてみた。

 

ランチタイムだと1051円という安さ。

ここのビリヤニ、量が半端ないとは聞いていたし、持っててやけに重いとは思ってたけど…

 

蓋をあけたらぎゅうぎゅうに詰まってました。

測ったらなんと750グラムも。

f:id:nutritionaler:20210530135001j:image

お皿に盛り付けても全然減らないw

f:id:nutritionaler:20210530135023j:image
骨なしのもも肉の塊が4つも埋まってる。

後から辛さが追いかけてきます❤️

クセになる香りと味。ライタは少し甘めかな。

f:id:nutritionaler:20210530135207j:image

スパイスは、八角クローブカレーリーフ、カルダモン、タマリンドが、みんなホールで埋まってる😆

 

最近はマトンよりチキン派。

あっさりビリヤニには、ビールと白ワインが合うんだよね〜

 

眠くなってきたなぁー。昼寝しようか❤️

f:id:nutritionaler:20210530140631j:image

半分以上残りました。冷凍しとこ〜。