being mindful

食いしん坊で瞑想、ヨガ、ピラティス 好き。みんなの心に栄養を。

黒大豆味噌完成!お助けヨーグルトサポーター

f:id:nutritionaler:20180127140622j:image

仕込んだ直後

 

f:id:nutritionaler:20180127140625j:image

6日後。お味噌になった状態。

 

少し色も変わってますね〜。味見したらとてもいい塩梅のお味噌になってました!

 

色んなものを発酵させるのが楽しいこの頃。f:id:nutritionaler:20180127142335j:image

 

牛乳や豆乳パックに巻きつけて40〜45℃に保てるのが、こちらのヨーグルトサポーター。

 

発酵させたいものに巻きつけて、コンセントにつないでおけば、冬でも発酵を手助けしてくれるアイテムです💕

実は、仕込んだお味噌の発酵に、床暖房の効いた床の上に味噌瓶、上から毛布をかけていたのですが、やはりお出かけ中も継続して発酵してもらうためにこちらを入手。

 

 

また、冬にココナッツオイルやバターを柔らかくしたいときに、この上においておくととてもいい感じにとろけていい感じでした💕

 

注意したいのが設定されている温度。

 

実は25℃くらいに保つケフィアサポーターなるものも売ってます。ケフィアはこの温度で発酵するので、使い分けが必要なようです。

 

25℃くらいなら、夏は室温、冬も暖房の近くなどで対応できそうなので、より常温で対応できなそうな、こちらを購入しました。

 

疑問がひとつ。

味噌の発酵には米麹菌が作用しているのですが、その最適温度は25℃程度だそう。40℃のサポーターをしていても、真冬に瓶経由だと味噌に伝わる熱は25℃くらいになってちょうど良かったのかしら…?

 

せっかく発酵アイテムを得たので、近々また違う発酵に挑戦予定💕