いろいろたまご

ヘルスコーチング、お料理、ヨガ、瞑想、健康、複業 、etc.

牛のテールスープ

f:id:nutritionaler:20180116131805j:image

怪我をした手首の骨と軟骨の修復を加速するため、牛のテールスープを作りました💕

 

冷凍の牛のテールを水、塩、セロリ、ローリエ、生姜、ニンニクとともに沸騰させあくを取り、昆布を加えて圧力鍋で20分加圧。

 

f:id:nutritionaler:20180116135219j:image

この写真は煮込み始めるところ。

 

そのまま冬は朝まで置いておくと牛脂が固まるので、それを丁寧にとり除き、あたためて塩で味を整えて出来上がり。

 

味付けは塩のみ。

 

ゼラチンがプルプル、お肉もホロホロで、素材の美味しさを感じられる優しいスープ。骨からポロリと肉が取れるので、スプーンで頂けます。

 

臭みが残らないか心配でしたが、煮込む時から臭みは感じず、意外にも大丈夫でした。

 

アミノ酸たっぷりのこのスープ、手首の回復を願いながら頂きましたよ💕 でも牛のコラーゲンと人間のコラーゲンの構造が同じなはずはないので、どの程度の割合でこのスープが私の手首の修復に役立つのかなぁ〜なんて考えながら…

 

調べてみましたら、牛のテールにはミネラルが豊富に含まれていて、特に亜鉛がピカイチに多いとのことです! 

身体が求める食べ物を頂く

f:id:nutritionaler:20180115172324j:image

無性に野菜が食べたくて、昨夜作ったアヒージョの残り液でブロッコリーと舞茸の蒸し煮を作り、キヌアとレンズ豆でサラダにてディナー🥗

 

身体が求めていたものを口にできると、それだけで幸せですね。

 

先日、甘いお酒とともに甘いデザートを少し多めに頂いた後、怪我をしている手がジンジンと痛み出して12時間ほど続き、糖質による炎症亢進と思われるものを身体で感じるという出来事がありました。

 

ああいうものを口にしたのは本当に久々でしたが、やはり糖質量は控えめが私の身体に合うみたい…怪我をしている箇所はもともと炎症がまだ残っているので、余計感知しやすかったのだと思います。

 

お店で購入する生菓子はお砂糖がどの程度入っているのか分からないので心配です。その点、個別包装のチョコレートとかの方が糖質量を確認できるので安心して頂けます。だいたい甘いものが好きではないのになぜかこんな実験をしている自分も面白いなぁと思いますが、身をもって体験するのはいいことかと。

 

また、怪我をしてから始めた左手調理ですが、とっても順調でして、左手での包丁さばきもなかなかのものになってきました💕写真のブロッコリーも左手で捌きました!

 

人間、やれば出来るものですねー。

ハーブ漬けラム肉のスパイシーBBQ

f:id:nutritionaler:20180112215657j:image

またまた冷凍肉の登場です💕

 

少し前から、The Meat Guyさんミートガイ【本店】 - 500種類の人気のお肉を、お手ごろ価格の通販で!でお肉を調達するようになりました。

 

理由は、グラスフェッドビーフ無添加のソーセージ、牛骨やテールなど、普通のスーパーでは手に入りにくいものを購入できるから。

 

基本的に全て冷凍なんですが、調理法などについてはかなり丁寧なお手紙付きで、家で調理しても、とっても美味しいんです。

 

グラスフェッドバターやジンであまり隙間のない我が家の冷凍庫ですが、隙間をつくりまとめて購入しては、美味しいお肉を頂くようになりました。

 

で、今回はキューブ状に切ってハーブに着けてあるラム肉💕。解凍しておき、バラ売りのしめじ(なにせ包丁を使うのが億劫なので)とともに蒸し焼きにして、春菊サラダと盛り付けました〜。

 

トングしか使わないから、左手でも楽チン!

 

そしてこれだけでとっても豪華!

 

春菊でカロテンもビタミンKも沢山とれて、ラム肉でアルコール代謝に使われるナイアシンの大量補給…お酒とともに是非💕

 

こうして、片手でも(笑)、買い物に行かなくても、家にいながら美味しいディナーを頂けることに感謝します😊

 

サウスポーブランチ

f:id:nutritionaler:20180112115226j:image

お豆腐はバターソテーにして、ハムエッグとグリーンでブランチ💕

 

卵は意外と簡単に片手で割れました。高校生の時に、ケーキ屋さんの裏方バイトをしていたのですが、卵を400個割る仕事があって、片手で1個ずつ、両方の手を使っていたのをふと思い出しました💕こんなことがなければ思い出さなかった記憶…

 

豆腐は問題なく左手で切れます。さっぱりとした豆腐にグラスフェッドバター、美味しすぎます。味付けはオイスターソース。

この組み合わせ大好きです💕

 

f:id:nutritionaler:20180112122827j:image

 

うちはこの貝印さんのバターケースを使っているのですが、片手でも好きな大きさにバターが切れて、しかもカッター部分に張り付かないところが気に入っています💕

 

グラスフェッドバターは、5キロの塊で購入して、400グラム程度に切って冷凍してあるので、美味しいのも手伝って、どんどん使うんですよね。

 

片手生活も軌道に乗ってきたので、またケーキでも焼こうかしら💕

もちろん片手でできるもの。

 

f:id:nutritionaler:20180112152736j:image

 

はい、焼いちゃいました。アーモンドプードル、卵、ラカント、ラムだけ。

 

ホームベーカリーなら、放り込むだけ。でも溶き卵だけはシェーカーに卵を割り入れ、左手で振って作りました💕

 

優しい甘さに癒されます💕

 

一口厚揚げのチーズカレー煮込み

f:id:nutritionaler:20180111171447j:image

 

冷凍のひき肉を利用して、粉末のカレーのルーとモッツァレラチーズ(冷凍スライス)で、美味しいワインのお供に💕

 

厚揚げも、縦に切るだけなら左手で出来ました。

 

身体が不自由になると、買物どころか部屋の片付けすら相当の労力を要します。そんな時にありがたいのが、保存食。

 

冷凍しておいたひき肉やチーズにこんなに感謝することになるなんて。

 

いつもは残り物を消費することに意識がいって、ありがたみをここまで感じさせられることってないので、いい機会を頂きました。

 

冷凍庫でこの時を待っててくれた、残り物達に感謝。

 

f:id:nutritionaler:20180111185328j:image

おやつにぽりぽり食べている、節分豆。

カルシウムとともにタンパク質摂取で骨の再生率を上げていきます!大豆には微量元素も多くてぴったり…💕

豆もやしカルボナーラ

f:id:nutritionaler:20180110173523j:image

 

豆もやしでカルボナーラしました。

 

骨に良いもの、かつ切らなくてよいもの、それは豆もやし〜〜💕ということで。

 

 f:id:nutritionaler:20180110173748j:image

カルシウムたっぷり、バランスよく取っておきたいマグネシウムも💕そして食物繊維が豊富だから腸内環境も整いますね。

 

コクを出すためにどうしても玉ねぎを入れたくて、どう切るか検討した結果…

 

玉ねぎに包丁を刺し、玉ねぎごとまな板に何度か叩きつけて半分にw.そのあとのみじん切りは、左手なので方向かまわず包丁をたたきつけるかんじで切ったら、なんとかなりました。これをバターでじっくり炒めると美味しいのよね。

 

ベーコンは、右ひじでまな板を抑え、左手でゆっくり包丁を入れたら綺麗に切れました。はたから見たら凄い格好ですけど!

 

ニンニクみたいなコロコロしたものは危険なので、今回はガーリックパウダーが活躍しました。フレッシュガーリックには及ばないけど、十分良い香りです。

 

仕上げにチーズをたっぷり入れて、カルシウム補充。

 

一口味見をしたら、美味しい!すぐにワインが欲しくなり、1本だけコルクじゃない捻るだけで開くワインを発見.

 

フォークだけで食べられるのも、素敵です。やっぱり不自由でも自分で料理ができると幸せですね〜〜💕

 

 

 

簡単お料理で骨を再生しましょ💕

f:id:nutritionaler:20180110131508j:image

カツオ、高野豆腐、干し椎茸の煮物


暫くは、骨の再生を目的として、買い物最小限かつ包丁をほとんど使わない料理がテーマ💕

 

カツオ(冷凍)でカルシウム、高野豆腐でカルシウムとビタミンK2, 干し椎茸でビタミンDを補充!

 

カツオの脂でビタミンの吸収率アップ!

 

食後にマカダミアナッツやアーモンドも齧って、油分補充しました〜

 

右手首の骨再生のため、家にあるもので、骨再生に交換してくれる食材を使った料理を考案していきます。

 

包丁も、大雑把な切り方なら左手で出来ました💕嬉しい。

 

買い物は近所でもしんどいし、家にある食材でできることは大事😃

 

ずっと東南アジア料理だったので、お出汁が身に染みます。

 

これから、乾物、冷凍庫のもの、缶詰などなど…いろいろやってみます!