ヘルスコーチのたまご

Institute for Integrative Nutrition (IIN) のHealth Coach Certificate Training Programにて勉強中。食べ物、ヨガ、起業準備について。

ゴロゴロ野菜とチキンのスープカレー、利尻昆布仕立て。

f:id:nutritionaler:20171007195351j:image

 鶏肉は骨から身がほろほろとはぐれ、人参は溶けるほどの柔かさ。焼き野菜は味が凝縮された中にスープを吸っています。スープは本格的な香りと辛さに昆布の優しいだしが効いて最高だす💕

 

 

ちびちび楽しみながらお料理するのに最適な、自家製スパイスカレー。

 

今回は、昆布だしを使ったスープカレーを作りました。久々に家に戻り、野菜を沢山食べて温まりたかったのです。

 

f:id:nutritionaler:20171007192706j:image

シナモン、カルダモン、グローブの香りを移した油で玉ねぎを飴色になるまで炒めたあと、生姜とニンニクのすりおろし汁(に水を加えたもの)を加えて水分を飛ばします。

 

f:id:nutritionaler:20171007192752j:image

その間に、となりのフライパンで、大きめに切った野菜を焼きます💕

 

まだカレーが出来るまで先が長いので、このフライパンではおつまみになる野菜も入れちゃいましょう。

f:id:nutritionaler:20171007192901j:image

私は、秋の味覚、米ナスと椎茸を焼き、お醤油たらして…

f:id:nutritionaler:20171007192926j:image

 

こんな感じで💕

 

 f:id:nutritionaler:20171007193005j:image

カレーに戻りましょう笑。

 

汁が飛んだらカットトマト(缶でもパックでも)を加えて、また汁気を飛ばします。

 

椎茸とナスをハフハフしながら💕

 

汁気が飛んだら、カレーのスパイスを投入。

コリアンダーシードパウダー(カレースプーン1杯)、ターメリック、カイエンペッパー,塩を3対1対1対1くらいです。

 

 これに、昆布をつけておいた水を投入し、沸騰したら鶏肉の手羽元と人参を入れて45分コトコト…いや、そんなに待てないわ!

f:id:nutritionaler:20171007193548j:image

 

というわけで、ここから圧力鍋に入れ替えて、圧がかかってから15分で出来上がり💕

 

焼いた野菜を並べて、上からスープカレーを注いで出来上がりです。