being mindful

食べ物や身体について楽しく実験しながら学ぶ日々を綴ります。話題は、食材、栄養、料理、ロカボ、ヨガ、ヘルスコーチ、マインドフルネス、ヘルスケア、etc.

インフルエンザでダウン中に、薬膳カレー

f:id:nutritionaler:20180217212726j:image

ダウン初日。

沢山のおろし生姜、ターメリックコリアンダーシードを使って、薬膳スパイストマトスープにしました。

 

具はセロリとレンズ豆のみだから、フラフラしてても作れます💖刻むのはセロリのみだもの。

 

当日は朝からだるく、ヨガの後に本格的に寝込み、38度超え。

 

数時間寝た後に、塩気のあるものを身体が欲したので、この薬膳スパイススープを。 身体がポカポカして、また一寝入り出来ました。

 

翌日、引き続き身体が痛くて頭はぼーっと。

 

熱は39.2まで上がり、全身の筋肉痛と悪寒がひどくて、ほとんどをベッドの中で過ごします。これインフルエンザやん🌀

 

ハイリスク群ではないので、病院に行かずにこのまま自宅療養してもいいかなと思いましたが、あまりに節々が痛いので、すぐ行ける休日診療先を探し、幸いにも徒歩5分のところにある病院で待ち時間ゼロで診てもらえました。

 

結果、A型のインフルエンザ。初のインフルエンザ経験。今週1週間は自宅療養です。

 

貰った薬を飲んで3時間寝たら、37度台まで熱が下がって、とっても楽になりました💖

 

で、ウキウキしながら、療養中に食べるための薬膳カレーを料理。

 

スパイスたっぷり、油も肉もなし、野菜だけのあっさりカレー。カレーとは言え、野菜のスパイス蒸し煮と言う感じ。

 

f:id:nutritionaler:20180218215045j:image

 

豆は緑のレンズ豆を使い、たんぱく質も補います。他の野菜は、ナス、人参、生姜、ニンニク。

 

幸運にも食欲はあるので、たまにこれをつまみながら、療養生活を乗り越えたいと思います!

 

そもそも何故、わざわざダウン中にこんなにカレーづいているのかと言うと、ダウン直前までこの本を読んでたから。 南インドのカレー本。

 f:id:nutritionaler:20180218215932j:image

これまで、玉ねぎをじっくり炒めるスパイスカレーに馴染んできた私に、玉ねぎは炒めても軽くだけ、しかも入れない方が美味しい(他の野菜の旨味を邪魔しない)カレーもあるとのことを教えてくれました。

旬の野菜を、スパイスと塩で頂く。身体に効くスパイスを選んで。たまにココナッツミルクや魚介類。

そんなあっさり南インドのカレーを学べる、ほとんど写真のない料理本です。小話が多いので、読書本としてもいいですね。

 

ここまで書いて、悪寒と全身の筋肉痛が凄くなってきました…またひと寝込み?します!!