ヘルスコーチのたまご

身体と心の繋がり、料理、ヨガ、瞑想、働き方、複業 など、etc.

プチプチ美味しいイチジクバター💖

f:id:nutritionaler:20180524131140j:image

 

とあるウイスキーバーで頂いた、イチジクバターがとっても美味しくて、再現しちゃいました!

 

イチジクの種がプチプチしていて、グラスフェッドバターが口の中で解けるとともにドライイチジクの甘さが広がります。

 

自家製のイチジクバター、とっても気に入りました💖

 

f:id:nutritionaler:20180524080653j:image

このバー。こんな風に、雑多な感じでボトルとともにウイスキーに関する本がカウンターに置いてあるのがまた味があっていい感じ。マスターは可愛らしい佇まいの初老のおじさま。私が頂いているのは大好きなケンタッキーのバーボンです。イエローストーン

 

さて、イチジクバターの作り方をご紹介!

 

前の日に、ドライイチジクをオレンジリキュールにつけてふやかします💖お酒は好きなものならなんでもいいと思います。

 

このタイミングで、バターは塊200グラムを冷蔵庫の外へ。我が家はいつもキロ買いしているグラスフェッドバターを惜しみなく使います😍

f:id:nutritionaler:20180524075837j:image

一晩浸かって柔らかくなったイチジクを刻みます。薄くスライスしてから刻むと簡単です。小さいほどバターへの馴染みがいいですよ。

 

では、混ぜ込み開始!

 

ラップに包んで刻んだイチジクと柔らかくなったバターを、ざっくり手で粘土のように混ぜ込みます。アーティストになった気分で。

f:id:nutritionaler:20180524075535j:image

 

ラップをかけた平らなお皿にバターをのせたら、ナイフを使って平たく伸ばしていきます。バターにイチジクが馴染むように、何度か伸ばすといいですね。

f:id:nutritionaler:20180524075542j:image

あとは、冷蔵庫で固めます。固まったら、食べやすく1センチ角くらいのキューブ状に切って、出来上がり。冷凍庫だと切り分ける時に割れてしまうのでご注意を。

 

今回はバター200gにイチジク2個を入れましたが、甘めが好きな方はイチジクの量を増やしてみてください💖

 

これ、チキンを焼くときなんかに使ってもなかなかいいですよ〜

 

グラスフェッドバターなら、脂溶性ビタミンも豊富で、短鎖脂肪酸が豊富だから脂肪のためこみも防げるし、炎症性も抑えられる。オメガ3の割合も高いので、良質な油。

 

バターは太るとか身体によくないという固定概念が崩れますね。