being mindful

食べ物や身体について楽しく実験しながら学ぶ日々を綴ります。話題は、食材、栄養、料理、ロカボ、ヨガ、ヘルスコーチ、マインドフルネス、ヘルスケア、etc.

すっかりスムージー好き

自家製スムージー作りを始めて2週間。すっかりスムージー好きになってしまいました。

 

1杯のスムージーを10グラム以下の糖質に抑えつつ、抗酸化作用の高い野菜やフルーツを効率よく取り入れるために、色々と勉強。

 

栄養を損なわない作り方やスムージーに向いている野菜や果物の種類まで。結構、海外のサイトが役に立ちました。

 

途中、毎晩飲んで疲れた日には、スムージーのみで過ごす、スムージーファスティングを取り入れたりも。

f:id:nutritionaler:20180728215253j:image

最初の写真は、スムージーのおやつとして…

 

バナナ輪切り3センチ、カカオパウダー大さじ1、カカオマス3枚、アーモンドミルク 、オリゴ糖小さじ1で作った、チョコレートシェイク。

 

とってもビターで私好みでした💖

 

この週末に冷凍庫のスムージー部屋(を作りました!)に追加した材料はこちら。

 

f:id:nutritionaler:20180728185216j:image

 

 

ブロッコリーに多く含まれるスルフォラファン。生のまま刻んで冷凍しておくとスムージーに使えます💖 ほうれん草や小松菜もカットしてから冷凍しておくと、しなっとならずに使いやすい!

 

キウイもしっかり洗って皮ごと(皮が1番栄養が多い)小さく刻み、ピンクグレープフルーツは皮をむいて白い薄皮と一緒に小さく刻む。

 

バナナやブルーベリーに加えて、その日の気分で色々と追加できるのがいいですね。

 

冷凍すると、細胞が壊れやすくなる分、スムージーにすると吸収しやすくなるので、冷凍保存とスムージーはとても相性がよいみたい。

 

さらに、朝から包丁を使う必要がないことが、毎日続けられる理由になっています。

 

また、気づいたことは、ピーナッツバター、くるみなどのナッツ、カカオパウダー、カカオマスなどを入れてしまえば、腹持ちもいい栄養満点ドリンクになるし、タンパク質や良質の脂質も追加できます。

 

この日は、ブルーベリー、ブロッコリー、ホウレンソウ、くるみ、キウイ、ピンクグレープフルーツ、アーモンドミルク で。

f:id:nutritionaler:20180728213436j:image

 

f:id:nutritionaler:20180728190305j:image

ブルーベリーが入ると色は黒っぽくなりますが、味はなかなかいい。ブロッコリーは少しクセがありますが、元々生で食べられる私は気にならないかな。

 

 

そして…こちらは

f:id:nutritionaler:20180808085339j:image

ケール、ブラックベリー、バナナ、オリゴ糖、アーモンドミルク 。

 

f:id:nutritionaler:20180808085344j:image

ケールはなかなか美味しいです。

ブラックベリーは抗酸化作用がベリーの中で最高なので、冷蔵庫にいつも忍ばせています。

 

寒くなるまでは、毎朝のスムージーが楽しみになってくれそうです💖身体の中から綺麗になる。

 

ベランダにミントを植えたので、つみたてのミントの葉も使おうと思います!