being mindful

食べ物、自転車、いけばな、ヨガ、瞑想、みんなの心に栄養を。

お花

菊の生花7本生け

日曜日。 朝からいけばなのお稽古へ。 菊の7本生けだ。 横から見ると こんなに前後に振ってます。 今回は細かくご指導頂き、納得感の高いお稽古となった。 さてと。 ここのところ自転車旅行続きだったから、ほっとするものを食べたくなり… 家に帰ると食べた…

小判草の立花。

土曜日の午後、ポタリングから帰宅してシャワーを浴び、いけばなのお稽古へ。 この日は、小判草が主役の立花。 3時間、集中して制作…! 午前中の自転車で体力を使ったこともあり、ヘロヘロに 横から見た図 立花も4回生けて、だいぶ分かってきたような、分か…

いけばな。

連休1日目の午後、輪行ポタリングで汗を流した後にいけばなへ。 朝から調子にのって40キロオーバーのライドをしてしまったために結構お疲れモードで行ったのだけど… 行ってみたら、いつも通り静かに草花と向き合うのはいいなと思うのであった。 花器を選び、…

のびのび自由花

日曜日の午後。 都内ポタリングの後、シャワーを浴びてスッキリしたら、いけばなのお稽古へ。 ケイトウ(赤)、ナルコユリ(グリーン)、オミナエシ(黄色)で自由花。 高めの花器を選択。 迷いに迷った結果、先生のアドバイスでぐっと良くなりました。 オミ…

久々の生け花

連日、夜はオリンピック観戦でめっちゃ忙しい…! 昼間も観戦しちゃいそうになる、テレワーク❤️ さて。 連休最終日の日曜日のこと。 連日のポタリングの疲れと、家の安心感とで、10時間以上寝て、頭はすっきり。 身体はまだ休養が必要だ 3日間で合計100kmほど…

リアトリスで研究会

土曜日の午前は、久々の研究会。 研究会は1時間以内に生けたお花に対して、普段教えて頂いている先生とは別の先生に採点と口頭での評価を頂ける機会。 結果は…いつも通りの80点。 お稽古でご指摘頂いたことに気が取られて、他のことを忘れるか、言われてたこ…

2回目の立花

日曜日は、2回目の立花(りっかという型)を生けた。 前回は時間内に型通りに生けることで精一杯だった反省をもとに、朝9時から開始! 今回は夕方4時までかけて7時間。 途中、針金で手のひらから流血 終わる頃にはヘロヘロに。 でも、ひまわりが夏らしく、オ…

アガパンサスの生花

アガパンサスの生花、2株生。 アガパンサスのように葉が大きいものは花を高く葉を低めにいけることで、花の伸びやかさをみせる。 最近みつけた楽しいアプリ。 hananonaで花の写真を撮ると、花の名前が出ます〜! アガパンサス、英名African Lilly。 いいアプ…

夏のかきつばた。お許しをいただいた

今回は、夏のかきつばたを。 池坊はかきつばたが大好きで、四季ごとに異なった生け方がある。 春のかきつばたはこちら。 春のかきつばた - being mindful 春よりも花が長く、葉の数が増えている。 相変わらず生け方は複雑だけど、それを楽しむのもまぁ乙なも…

又木配りで、リアトリスの生花

日曜の午後、生け花のお稽古へ。 先々週に続いてリアトリスの生花。 今回は、剣山を使わず又木配りと呼ばれる木の枝を使った生け方で。 二股になった木の枝に挟んで留める昔ながらの方法。 これ、一気に難易度が上がるのよね。剣山って本当に楽チンだと分か…

グラジオラスの生花

日曜の午後はいけばなののお稽古でした。 この日の花材はグラジオラス。 5本の花と、その葉っぱを使って。 線の綺麗な葉っぱは、使い方が難しいけど上手く入ると作品が締まりますね〜。 今週、家の花瓶で満開になるかしら😆 帰宅中、家に帰って白ワインでも飲…

リアトリスの生花、逆勝手

リアトリスという夏の花を使って、生花といわれる江戸時代にできた型で。 逆勝手といわれる鏡うつしの左右逆バージョンにトライ! 毎回思うようにはいかないけれど、それが故に学びがあってたのしい。 今回も、茎を矯めていたらバキッと折ってしまいました〜…

生け花もオタク化

1週間ぶりの仕事、あかんですね、やる気がどこか遠くにいってしまっておりますね ヨガをしても昼寝をしてもやる気が出てこない… あと一日で2連休。 また連休気分に戻ってしまいそうだ笑 さて。 オタク傾向の強いわたくし… 最近、生け花に対する姿勢がオタク…

5時間いけばな

先月、無事昇格したことで、新たに立花(りっか)という型をお稽古する許可を頂いてたのだけど… ゴールデンウィーク中のこの日、立花デビュー! 立花は、室町時代の貴族、公家、武家の間で発展した型。もともとは仏様に供えるのを目的に作り上げられた型のよ…

春のかきつばた

生花正風体で生けた、かきつばた。 床の間に置くと雰囲気あるわ。 曲線と葉のラインが素敵。 和室で、配りという木の枝の間に刺す方式でいけました。 横から見るとこんな感じ。 配りを自分で作るところからやったので、難易度も高かったけど、その分楽しめま…

やはり芍薬が主役?一輪挿し

るんるんな週末が始まりました❤️ 会社って皆それなりに真剣に仕事してるから、コンフリクトなど色々あるわけだけど、だからこそ高度な人間模様も見れて面白いんだよなぁ〜。 最近は同僚との信頼関係も出来てきて、また一歩踏み込んだ形で仕事をドライブして…

芍薬で3種生け

わーい。金曜日〜! 今日もお仕事ヘビーな1日だけど金曜日ってだけで半分クリアした気分になるわ❤️ さて。 先日の週末のお稽古。 芍薬、サンゴミズキ、コデマリの3種で生花(しょうか)という型に従い生けました。 写真だと分かりにくいけど、左右に弛みつつ…

木苺とガーベラで自由花

日曜はたっぷり寝た後、ヨガで汗を流し…中国語を勉強してから、午後は生け花のお稽古へ。 用意されていた花材は、木苺! 白い花が控えめに咲いた木苺で、全体的に低めの構成に。 ピンクのガーベラは針金を入れて木苺に添わせる感じ、かすみ草は左に伸びた木…

いけばなが華道といわれる所以

私が習っているいけばな(池坊)で昇格すると、免許状に加えて、その職位ごとに花伝書という書物を頂きます。 今回頂いた上級用の花伝書を読んでいたら、こんな一節がありました。 以下引用: 「人は多くのものに囲まれていると、何かと心を惑わされ、ものご…

キバデマリとスプレーバラの2種生。

桜が満開〜! 天気の良い土曜日。 お稽古に行く途中から、満開のさくらに癒され… お稽古では、 久々の生花。 キバデマリは扱いの難しめな花材でしたが、新緑が綺麗な春の枝物。スプレーバラは葉っぱを取りすぎたけど、仕方ない 春だからか、途中で眠たくなっ…

花展の間の自由時間

この日は、朝から花展のために作品の微調整をして、夕方の撤花までは現地で自由時間❤️ 外は強風が吹き荒れていたため、現地のスタジオに予約していたピラティスレッスンはキャンセルして、駅ビル内に滞在することに。 広々したスタバで、たまっていたポイン…

ユキヤナギでふんわりな春

ユキヤナギの特徴的な枝ぶりが前にも横にも伸びて可愛らしく仕上がりました❤️ 黄色いガーベラとピンクのスイートピーも可愛い 今回は、こんな変形花器を使い、剣山ではなくオアシスというスポンジ状のものを使用。 剣山ほどガッチリ留まらないから難しいけど…

ぶら下げる小さな花器

少し前に買った、壁に掛けるタイプの手のひらサイズ花器。 リビングの壁に備え付けのレールに、糸でぶら下げて😆 ふわふわした葉材(ブプレリウム)を飾ったら、とっても爽やかで可愛い😍 生け花で余った短めの花材や葉材も捨てずに楽しめるのも嬉しいわ🍀

春のいけばな

使ったのは、スイートピー、ラッパスイセンのつぼみ、ブプレリウム、こけまり草、カラー。 3月の花展の試作として作った作品。 パステルカラーがふんわり春の装い。 ブプレリウムの葉っぱもフワフワしてかわゆす。 実はこんなふうに2つの花器を使ってるのだ…

昔の人の生け花と、山口周さん

今回は、寸胴と呼ばれる竹の花器を使って菊の生花という型の決まった生け方をしました。 なんだか凛としてカッコいいですね。 特筆すべきは、剣山ではなく、又木配りというものを使っていけたこと。江戸時代以前はこうやっていけていたらしいのですよー 木の…

黒目やなぎと小菊の生花

今回は生花正風体で生けました。 その日に巡り合った花材の微妙な枝や花の向きを1番生かしてあげるために、段々高度になる先生の教え。 1人でこうかな、これもいいな、あれー?と悩む時間も楽しいもの。 そんなこんなで、お稽古ではいつもどおり癒されてきま…

アナンキュラスの自由花

今回はのお稽古は久々の自由花。 赤づるってぴろーんとしててかわいい。 花材は、 赤づる アナンキュラス ゴールデンスティック レモンリーフ アナンキュラスって、葉っぱがカエルの足ににてるのが語源で、カエルの意味なんだって。 思わず葉をパチリ。ほん…

ぼけの花で花展へ

生まれて初めて、花展に出瓶。 生けたのは、ぼけの生花生風体。 枝物ってほんと難しい〜! そして逆勝手といわれる、やったことのない向きで生けたので、頭がこんがらがりましたー。 先生の多大なサポートを受けて、何とか形に。 展示を終えて片付けた後に、…

癒しの極楽鳥花

新しい会社に来てあっという間に3週間が過ぎた。 周囲で何が起ころうとも(笑)、落ち着いて集中出来る時間を確保し、しっかり成果に繋がるアウトプットをしていけるようにしたいわねー。 色々あるでしょうが、動じない心で、常に粛々とゴールに向かって進も…

極楽鳥のお花で生花新風体

この日のお稽古は、お花屋さんが様々な花材を持ってきてくれていて、自分で花材を選ぶところから始めました。 それがまた楽しい! どんな型で生けるのか、どの花材を主にするか等、自分で一から考える。 いつもは先生が花材を選んでくれていて、型も指定され…